スポンサーサイト

  • 2014.08.20 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    AC(アダルトチルドレン)の種類について

    • 2014.08.20 Wednesday
    • 21:57
    JUGEMテーマ:メンタル

    アダルトチルドレン(AC)の種類。

    ACは家庭内で自らの役割を演じていることが多いです。
    いくつか種類があります。
    自分はACではない、と思っている方もあてはまることはあると思います。
    それは人は少なからず誰かに対して仮面を被って生活しているからです。
    ユングはこれをペルソナと呼びました。



    すべてではありませんが、いくつか代表的なものをあげてみました。


    ヒーロー(Hero)

    家族の期待を一身に背負ったいわゆる優等生タイプに多い役割です。

    期待に応えようとがむしゃらに頑張ります。
    両親の虚栄心のために利用されている子供も多くこのタイプに当てはまることがあります。
    自分が活躍することによって両親に褒められ、関係を取り持とうとします。
    しかし、過度に頑張りすぎることがあり、実績を求めるあまり人とのつながりを疎かにすることがあります。
    成績や業績などがよいことに価値を置き、それ以外には冷淡なことが多いです。
    また頑張れない情況になると自己否定、自己嫌悪に陥ることがあります。
    極端なタイプといえるでしょう。

    うつ病になりやすい性格である。
    生真面目、正義感が強い、白黒主義などの傾向があります。


    スケープ・ゴート(Scapegoat)

    自分から問題を起こし、「いけにえ」になることで家庭の崩壊を防ぐ役割を演じる。
    暴れたり喧嘩をしたりいたずらをしたりなどの問題を起こすことにより
    「家の問題はすべてこの子のせい」という幻想を抱かせ、家庭の崩壊を防ぎます。
    身体を張って、家の問題を外に表現しているともいえます。
    自分が犠牲になることで、家庭、両親の仲が崩壊しなくてすんでいるというなどの事実があると、
    犠牲になることをやめられずに周囲から「問題児」という色眼鏡で見られ続けることになります。
    虐待やいじめのターゲットになりやすい子であり、長男に多いと言われています。

    リトル・ナース(Little Nurse)

    問題を抱えた人に対して真摯であり、やさしい子に一見みえますが、
    それは「自己犠牲」をはらんだものであり、問題を自分の内に抱え込みやすいです。
    ストレスをためやすい傾向にあります。
    誰かの約に立つことが自分の存在意義であると無意識に思っている人が多く、
    役に立てないと必要以上に落ち込みやすいです。
    他人主義であり自尊心が低く、自己否定的です。
    自己が確立しておらず、長女に多いと言われています。


    ピエロ(Clown)

    どんな時でも陽気に振る舞っては関心を自分に引き寄せ、兄弟姉妹が犠牲になるのを阻止する役割のことです。
    名前のどおり「道化」を演じます。
    暗い雰囲気を嫌い、その場を明るくしようと行動します。
    それは時に自分の感情を無視しての振る舞いなので、自分の感情に対して鈍感になってしまいます。
    時には必要のない嘘をついてしまうこともあるでしょう。


    イネイブラー(Enabler)

    他人の世話を率先して行うタイプです。
    家の雑事を養育者に替わって行おうとします。
    養育者が未熟な場合、自分がなりかわり、年下の兄弟や親に対して保護者の役割を演じます。
    自分の好きなこともせずに、家の子とばかりを考え、行動します。
    いつも自分の感情を抑圧しがちで色々と内に抱えやすいです。
    甘えられること頼られることは好きですが、反対に頼ること甘えることが下手で
    上手に気を抜くことができません。
    また、あらゆる人に対して「自分は必要な存在」だと思う傾向があります。
    共依存的な関係を築きやすいです。

    ロスト・ワン(Lost One)

    家庭内や学校などで存在感の薄い、居ない子として扱われるタイプです。
    大人しくあまり自己主張をしません。
    家庭内外の人間関係から実を守るために、見ざる聞かざる言わざる役に徹します。
    他人の目を気にするあまり、自分の存在価値を見失いがちです。
    自身に対して否定的な考えを持つ傾向があります。
    自尊心も低く、自分の思いにブレーキをかけてしまうこともあります。
    また、他者に対する依存心も強いので正常な人間関係を築くのも難しいでしょう。


    ロンリー(Lonely)

    家庭に理解されない悲しみから閉じこもり他人を寄せ付けないタイプです。
    理解してもらえないのではという不安から、自己表現が苦手で深い人間関係を築きにくいです。
    上辺だけの人間関係を形成するタイプと完全に他者を拒絶するタイプの2つが存在します。
    気持ちが不安定で、自己否定的な傾向にあります。


    プリンス・プリンセス(Prince・Princess)

    親の期待に応えて、意志のない人形のように振る舞います。
    親(養育者)から意志を無視されて過剰に溺愛を受けている(ていた)タイプです。
    それはある意味精神的虐待といえます。
    自己が薄いので、周りに流されやすいです。
    頼み事を断れない性格をしていることが多いので、重荷ばかり背負ってしまうでしょう。








     

    お知らせ

    • 2014.05.24 Saturday
    • 20:33

    お久しぶりです。

    少々ブログの趣旨を変更しようかと考えています。

    その際にブログ名も変更するつもりです。

    精神疾患を抱えた方々、その周辺の家族の方にとって力になれるようなことを
    していきたいとは思っていますがそれと並行して貧困に陥った女性に対しての
    情報も発して行きたいと考えています。
    今のところどうなるかはわかりませんが…

     

    AC(アダルトチルドレン)について

    • 2013.08.31 Saturday
    • 01:18
    JUGEMテーマ:メンタル


    以下の内容は専門家の意見ではありませんので、
    詳しく知りたい方は書籍や専門家の方の意見が乗せられているサイトなどをご閲覧ください。
    間違ったことを書いている可能性もありますので、その場合はコメントなどでご指摘いただけると幸いです。

     
     
    AC(アダルトチルドレン)について。
    元々、ACとはアルコール依存症の親を持ち、適切な親子関係を築けなかった子供たちのことを指したそうです。
    現在では、様々な要因で幼少時に適切な親子関係を築いてこれないまま成長した大人のことを一般的に表す言葉となりました。

    彼ら(または彼女たち)は、「機能不全」の家庭の中で育ち、親から直接的または間接的に、親の意図があって、親の悪意なくその環境に傷つけられ、癒やされることなく大人になります。

    「機能不全家族」とは。
    「家族の間で経済的や精神的に相手を思いやり、助けるなどの基本的であり正常な家庭の機能が失われている家庭(もしくは家族)のことを指します。

    暴力、アルコール依存症、育児放棄など目に見えてわかりやすい問題だけではなく、一見ごく一般的な家族にみえても、しつけ厳しすぎる、地域の関わりが薄い、家族間での会話や笑いがない、両親が不仲、など様々な要因があり機能不全な家庭が生み出されます。

    また、子供に対して過保護だったり過剰なほどの期待をかけたり、自立する機会を奪ったりするなども機能不全家族の一つの環境と考えられています。

    例えば親が子供の自由意志を無視し、すべて進路や将来の職業を決めてしまう、というのも機能不全家族といえます。
    そこに子供の考えがなく、自立を許さないからです。
    子供をあらゆる意味で束縛し、動けなくさせるのです。


    機能不全で育った子供はどうなるのか。
    幼少期につけられた傷というのは大人になっても本人の自覚あるなしにかかわらず多大な影響を与えます。
    その多くは人間関係に問題を抱えることになるようです。
    過保護すぎても、期待をかけられすぎても、成長し、大人となった子供が抱くのは「強い束縛感」です。

    彼らの多くは自身に強い劣等感を持ち、誰か(多くは親)他者の期待に沿った生き方をしなければならないという強迫観念を持ち続けます。

    それらがACが自由に生きる力と意志を奪いとってしまうのです。

    「精神疾患を「病気」と呼ぶのはおかしいという意見」

    • 2013.08.12 Monday
    • 22:37
    JUGEMテーマ:メンタル
     

    精神疾患について病気と呼ぶのはおかしいのではないかという意見を耳にしたことがありますが、「精神病の診断がくだされる基準はその言動などにより本人及び社会に迷惑がかかっているか否か」ですし。正式な診断名としては「障害」という名前が多い(と個人的にですが)感じます。その名前のとおり、病にかかっている本人にとって、そして周囲の社会にとっての「障害」となっているのです。(だからといって「障害者」の方が「病気」だと言っているわけではありません)

    社会的に適応・生活していくのに「障害」を背負った時点で、それを「病気」と診断することで治療を受けやすくし、本人を保護するという意味があるのではないかと思っています。
    つまりるところ現代社会に何らかの事情で適応しきれていない時点で社会的に見て「病気」だという基準が作られているので精神疾患を病気と呼ぶのは別段おかしくないと個人的には思っております。


    なにがいいたいのかわかりにくくなってしましましたが、以上は私個人の意見です。賛否両論あるかと思いますがなにかご意見がございましたらコメントからお願いいたします。

    ざっくり精神障害について1

    • 2013.08.12 Monday
    • 21:59
    JUGEMテーマ:メンタル
     
    メンタル系のお話です。


    ひきこもりの原因は身体的心理的病気など人によって様々だと思いますが、今回はメンタル系の病について取り上げようと思います。

    ひきこもりの原因になりやすい、もしくはひきこもりになってからなりやすい(とされる)病についてざっくりですが並べてみました。

    ※私(ブログ主である古森)の独断と偏見です。
    あまり信用せずに目安として読んでください。

     
    続きを読む >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    忍者ADMax

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM